経営のヒント

ひとり で できる会社設立、もっとも安くしたい場合は合同会社がおすすめ!その決断時のポイント

自分で会社を作りたいと思ったとき、費用面で最も安いのは合同会社です。
一番、有名なものは株式会社だと思いますが、最近は合同会社で会社を作る方が増加しています。

最近の傾向

なぜ、合同会社で会社を作る人が増加しているかといいますと

1.費用が最も安くできる。

株式会社でしたら最低限24~25万円(すべて自分で手続きを行う場合)
それが合同会社でしたら最低限6万円(すべて自分で手続きを行う場合)
でできます。そして手続きもポイントさえおさえれば簡単です。
(もし将来、考えが変わっても、合同会社を株式会社に変更することもできます。)

2.会社設立後の運営事務費用も合同会社の方が安い

もし、株式会社でしたら
(1)株主総会を開く必要がある
(2)決算公告義務がない(もし官報に掲載する場合であれば、5~6万円が掛かります。)
(3)役員の任期があり、そのたびに重任登記(更新手続き)が必要(重任登記で1万円+司法書士費用)
といったことが義務として必要になります。
その他に
(4)出資額で権限や配当配分が決まる
という、経営上の制約があります。
しかし、合同会社でしたら上記の(1)~(4)が不要です

会社設立時のチャックポイント

そうは言っても、「株式会社」の方がカッコイイし、社会的信用も得られそうだとお考えの方は
設立当初に14~15万、余分にお支払いすれば設立できます。

もし、自分の会社を将来、大会社に成長させることや社会的信用を得るためには「株式会社」で
なければならないという考えは
「思い込み」です。
下記の、日本で有名な合同会社をご参照ください。皆さんご存知の有名企業です。
これらの会社は、もともと「株式会社」という組織形態でしたが途中から「合同会社」へ組織変更を
行っています。

その理由は、株式会社がもっている経営上のデメリットを嫌って、
「出資額に関係なく権限や配分が自由に決められる」
「決算公告の義務がない」
などといった合同会社のメリットを優先したということになります。

<日本で有名な合同会社>

Apple Japan合同会社
グーグル合同会社
アマゾンジャパン合同会社
合同会社西友
ユニバーサルミュージック合同会社
日本アムウェイ合同会社

その他多数。

<まとめ>

1.合同会社が相応しい方

  1. ・許認可や取引上、何らかの理由で法人格が必要な方
  2. ・安く会社を設立したい方
  3. ・株主総会や決算公告など煩わしい作業をしたくない方
  4. ・出資額に関係なく能力や貢献度に応じて権限や配分を自由に決めたい方

2.株式会社が相応しい方

  1. ・将来、第三者からの増資による資金調達を計画している方
  2. ・将来、上場したい方

いかがでしたか?次回は、実際に「会社設立」登記の実務についてお話をしたいと思います。
お問い合わせはこちら